ココ・グラン高崎、プレミアムココ・スイートで目覚めた朝。客室のスチームサウナとジャグジーにはった冷水浴を交互に繰り返す。スッキリして朝食会場へ。採光に優れたアトリウムに、センスのいい家具その他調度品、小物などセンス良く配されています。 
  

61f57839.jpg

    

37ed57ef.jpg

  
 
ココに来るといつもオフィスの模様替えしようと思ってしまいます
(笑) 
  

912f7cd3.jpg

  
 
ホテルココ・グランの真骨頂のひとつにこの朝食があると思っています。 
  

29bd37be.jpg

  
 
このクラスのホテルでは、種類、食材、味も含めて群を抜いたクォリティ。 
  

ec514056.jpg

  
 
僕は普段朝食は食べませんし、ホテルでは無料で朝食がついていれば食べることもあるといったところですが、こちらの朝食ならばお金を支払っても是非食したいと思うのでした。今回は朝食券がありました。 
  

b2739708.jpg

  
   
このアトリウム、特に夏は曇り空くらいが丁度いいかも(笑)  
  

21e44236.jpg

  
  
客室へ戻りメールチェックするとテレビ局から緊急のアンケート依頼。夕方までには送信したいので、ココ・グランへ連泊することにして空室チェックすると、な、なんとシングル以外スイートも含めて全て満室。お盆明けなどは稼働率が下がるホテルも散見されますが、すごいぞココ・グラン、と感心している場合ではない、シングルだって満室になる可能性もあるので、自分と家人分の2室を取り急ぎリザーブ。既に客室高稼働率の人気ホテルです。そうしたところ宿泊支配人の牧原さんから、ホテルにて予備で押さえてあるラグジュアリーツインの用意ができるのでお使い下さいとのお申し出をいただき連日ご厚意に甘える結果に。
もちろんスイートの100㎡にはかないませんが、45㎡と余裕ある客室面積のラグジュアリーツイン。 

   

384fe25e.jpg

 
 
以前別のタイプに宿泊したことがありますが、フロアプランも全く異なるラグジュアリーツイン4タイプ、今回はシックなコントラストでまとめられた落ち着いた雰囲気の客室。 
 

0ace3cfc.jpg

      

127cd65a.jpg

  

27185025.jpg

 
 
浴室はビューバスでジェットバスも備えています。 
  

1a1daec3.jpg

  

24b3df17.jpg

 
 
当初、昼過ぎには帰宅して、午後は多摩地区へコンサルの仕事、夜
はボサノヴァバンドメンバーを誘って調布のボサノヴァセッションへでも行きボサノヴァギター久々の弾き語り!でもという誕生日プランでしたが高崎延泊、でも思いがけず泊まったことのない客室を体験でき、結果オーライということで。 
 

72fd8fad.jpg

  
 
ホテルココ・グランに初めて宿泊した時に驚いたのがステーショナ
リー。年間多いときには200泊近くホテルを利用しますが、客室にホチキスから修正テープまでおいてあるホテルを僕は他に知りません。客室からレストランに至るまで、ホテルココ・グランの真骨頂はこれでもかというくらいのお客様目線。宿泊するだけであれば全く支障はなくとも、これ、あったらイイネ!をとにかく採り入れています。

 

3c5533a2.jpg


  
 
スイートは客室にサウナがついていましたが、こちらにはないので
(普通ねぇ~よ)10階の大浴場へ。ジャグジーから炭酸泉まである本格的スパ施設です。ウッディな天井とシックな色合いのタイル使いがセンスグンバツ。もちろんいずこのラグジュアリーホテルとは違い?宿泊者は無料で利用できます。
  
  

93741b8b.jpg

            
6e0cfeea.jpg


24937b19.jpg

 

1baef1b0.jpg