04

オータバブリケイションズを訪問。
先日同誌の元編集長で日本を代表するホテルジャーナリストのミッキーこと村上実先生にすっかりご馳走になってしまい恐縮の至りでしたが、ずうずうしくもあることのお願いに参上しました。そんな不躾な若造ですが、村上先生にはご快諾いただくどころか、同誌副編集長の森下さんもご同席下さり、新しい仕事のご提案までいただき、その懐の広さに感無量でございます。

写真で手にしている左の本は、先日同社から発売された「WORLD'S LEADING HOTELS」という写真集です。ホテルジャーナリストの小原康裕さんが長年に渡り撮影してきた、世界のリーディングホテルからの厳選した写真を美しいレイアウトで魅せる素晴らしい写真集、いや芸術本です。

そして右側のブルーの本は、ホテル業界の重鎮、土井久太郎先生が出版された「The Hotel Industry in Japan」です。オリジナルは1万円ですが、同社では廉価版をなんと2000円で刊行しました。全く同じものを全ページモノクロにすることで実現した価格とのこと。日本のホテル産業について英語で書かれた唯一の書であります。

いずれの書も、日本のホテルを対象に評論している身としては、世界スケールのまさしく「ホテル」の貴重な資料に触れられることを大変幸せに感じつつ、虎ノ門を後にしました。