箱根での宿泊は、一の湯グループとしては異色の、洋室主体『キャトルセゾン』へ初宿泊&リサーチ。
   

f67d6096.jpg

 
 
一の湯本館同様早川の渓谷に沿った立地で、客室の大きく取られた窓からの眺望は特筆すべき感動的な光景。
 

2a38f1d8.jpg

 

7644532d.jpg

 

553e43a8.jpg

 
 
外観や館内は経年箇所が散見されるものの、壁紙が新しくなっている他、客室はベッドメイキングにデュベスタイルを採用。清潔感はもちろんくつろぐには嬉しい、ソファを兼ねたエキストラベッドも配された広めの客室へ更に開放感もたらしており、デュベスタイルが功を奏している好例。更にリニューアルをすすめていくとのことで今後が楽し
み。
  

1c51db07.jpg

 

bd0979f0.jpg

  
 
翌朝の朝食もシンプルですが、このようなザ・旅館の朝食はご飯がすすみます。   

101321b6.jpg

  
 
一の湯グループの朝食で供される海苔、素晴らしいクォリティです。
 

4cd4f67b.jpg

   
 
とにかくこちらの魅力はお得な宿泊料金体系。12月から2月の間は(土・休前日 12/23~1/3を除く)1室2名以上でなんと1人3000円。更に箱根山麓味噌すき鍋を中心とした夕食に『飲み放題がついて』2300円というリーズナブルなプランもある。仲間同士で気軽に温泉と夕食、お酒を楽しめればといった付加価値を求めないグループにはうってつけの一の湯グループの宿である。レポートは追って『ホテラーズ.JPの特集(11/20開設予定)』にて。